犬のブラッシングのコツ?

犬のブラッシングのコツって?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

犬のブラッシングって言うのは、
ブラシの使い分けがポイントのようですね。

犬のブラッシングに使うブラシは、
長毛犬種にはピンブラシやコーム、
短毛犬種には獣毛ブラシ、超短毛犬種には
ラバーブラシが適しているようです。

又、全ての犬種に共通して、毛のもつれや毛玉を
取る事の出来るスリッカーブラシが有効のようですよ。

犬のブラッシングにはこれらのブラシを用い、
日常のお手入れはソフトなものを、
もつれている毛にはハードなものをというように、
上手に使い分けるのがコツなようです。

ブラッシングは、
根元のもつれを取る事が大切なようなので、
表面だけではなくって、毛の根元から
ブラッシングすると良いようです。

もし、毛がもつれてしまっている場合には、強引に
引っ張ってしまわないようにすると良いようです。

一気にブラッシングしようと考えず、一ヶ所ずつ
優しくブラッシングしてあげると良いようですね。

ブラッシングの時に、
ハードなスリッカーブラシを利用する場合には、
力の入れ過ぎにも注意が必要となるようです。

力を入れ過ぎてしまうと、ブラシの先で
皮膚を傷つける事があるようですので、
余分な力を入れずにブラッシングをすると良いでしょう。

ブラッシングは、
抜け毛や毛玉を取り除く事が出来ますから、
皮膚病の予防にもなるようですね。

それに、ブラッシングする事で
皮膚のマッサージにもなるようなので、
血行を良くする事が出来るというメリットもあるようです。

又、
皮膚の異常や虫等も早く発見出来るようですから、
早めに対処する事が出来るでしょう。

なるべくなら、毎日、犬とのコミュニケーションの
一環としてブラッシングを行うと良いかもしれませんね。

楽天で探す⇒犬 ブラッシング

関連記事
犬のトリミングの必要なグッズ?
犬の基本的なトリミングのやり方?
犬の目の手入れのコツ?
犬の爪の手入れのコツ?
犬の耳の手入れのコツ?
犬の歯の手入れのコツ?
犬のシャンプーのコツ?

スポンサードリンク


同窓で開きますので「戻る」のボタンで戻って下さいね♪
            ↓ ↓ ↓
posted by petto at 14:21 | TrackBack(0) | L 犬の手入れのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。